塩崎大臣会見概要(H28.11.18(金))




Pocket

塩崎大臣会見概要

(H28.11.18(金)8:43 ~ 8:46 ぶら下がり)

 

(記者)
受動喫煙防止に関する対策について、関係団体からのヒアリングでは反対の声が相次いでいますが、飲食店などの要望に応えるつもりはあるのでしょうか。

(大臣)
16日のヒアリングでも、10月のヒアリングに引き続きまして、団体から規制強化に対して、賛成反対それぞれの御意見が出ました。特に、喫煙室の設置についての御意見がたくさんあったと聞いております。何度も申し上げておりますが、WHO(世界保健機関)の報告では、日本の受動喫煙防止対策は世界で最低レベルという評価になってしまっています。特に、飲食店で受動喫煙を受けた方がまだ4割を超えているという事態を重く受け止めないといけないと思います。したがって、東京オリンピック・パラリンピック、その前年のラグビーワールドカップまでに、スモークフリーの社会を作るということをしっかりと実現しなければならないと思いますので、御理解していただけるようにさらに努力していきたいと思います。

(記者)
「御理解いただく」ということは、要望には応えず、決まったもので「御理解いただく」ということでしょうか。

(大臣)
どの国でも、一部そういう御意見があったと聞いております。世界共通の御意見があるのでしょうが、それと同時に世界共通である、受動喫煙を禁止するということをきっちり罰則付きでやっていくということであります。

(記者)
特別養子縁組についてですが、千葉県内の団体が強制捜索を受けていると思います。法改正の議論が高まるなかで、このあたりの受け止めについてお願いします。

(大臣)
特別養子縁組のあっせんを行う事業者が、金品による優先的なあっせん、あるいは実親への不十分な意思確認ということで、不適切な事案を生じさせたと聞いています。大変遺憾なことだと思っています。現在、今お話の与野党による議員の立法、中身は届出制から許可制にするという議員立法が進みつつあると聞いておりますので、私どもとしては議員立法の成立に期待して、自治体とも協力しながら、特別養子縁組が子どものためになる制度として一層機能するように努力してまいりたいと思います。

 

たばこ関係の話はどうにも日本では進まないですね。

これだけたばこは健康に悪いって言われているのに一向に規制が進まないのは
たばこ税の絡みとか大きなお金が色々と見え隠れするこの問題。

WHOの報告でも、「日本の受動喫煙防止対策は世界で最低レベル」って言われているのは恥ずべきことだと思います。

高校の同級生に喫煙している歯科医師がいたけど、ちゃんと禁煙できたのかな?
医療関係者はやはり禁煙を徹底してほしい今日この頃。

Pocket



この記事が良かったと思ったシェアお願いします♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。