【薬剤師が味見してみた】エルカルチンFF内用液ってどんな味?




【薬剤師が味見してみた】エルカルチンFF内用液ってどんな味?

2017年もあと2日
やっぱりうちのブログといったら味見ですよね。
サボっていた味見の記事を書いて年末を迎えたいな~という思いが強く味見してみました。
(これで年内最後とは言ってないですよ~)

今日の味見は大塚製薬の『エルカルチンFF内用液』です。

2017年12月までは、10mLの瓶が販売されていましたが
10mLの瓶は販売中止になり、5mLと10mLの分包品(100mLの瓶は継続販売)へと
変更になります。

 

実際に味見してみた

今まで販売していた10mL瓶の味見もしたことがあるのですが
ガラスの瓶なので重いのと、蓋の構造が悪くて開けるのに力というかコツが必要だったんです。

蓋を開けるためのオープナー(栓抜きみたいなやつ)を
メーカーさんが作って配っているぐらいでしたからね~

今回、新しく発売になった分包品は、手で簡単に開けることが出来ます

重量も未開封の箱の状態
10mL瓶×10本は349g
10mL分包品×10本は159gとかなり軽量化されています。

さぁ!味見をしてみよう。

味見

うん~~酸っぱいね。

お酢ほどの酸味は無いんだけど、飲むお酢ぐらいの酸味はあります。
香りは柑橘系の風味(レモン?)が若干していて
『酸っぱいものが苦手!』という人でなければ問題なく飲める味になっています。

製品のpHが4.3~4.7なので、酸味を感じます。
(お酢のpHは約2.5~3.5くらいです)

ただ、「美味しいか?」って聞かれたら微妙ですがね~

嫁にも少しだけ味見をしてもらったら・・・

アセロラドリンクみたいな感じかな~?
あそこまで酸味は強くないけどね~

実際に服用した患者さんの声

勤務している薬局でもエルカルチンFF内用液は採用になっており
実際に数名の患者さんに調剤しています。

カルニチンが欠乏すると足が攣ることがあるようで
人によってはエルカルチンを服用することで劇的に攣る頻度が減ったという方もいます
(効かない人には飲んでも全く効かないそうです)

ツムラ68が毎回のように処方されている方にエルカルチンを1ヶ月程度服用してもらうのも良いのかな?
うちでは1日1回、1回に10mLで処方されています(1日10mL)

今のところ、「味が飲みにくくて~~」という話は無いけれど
2回目に処方された時に服用した様子を聞いてみると
慣れました」という事を仰る方が多いです。

やくちち
初めてエルカルチンをお渡しする時に「お酢ほどでは無いですが多少の酸味がありますよ~」
と説明しておくと、患者さんもいきなりの味にびっくりしないと思います。

ちなみに、大塚製薬はネイチャーメイドのカルニチンも製造していて
ダイエットが目的の方は、コッチを買ってくださいね~とMRさんが言っていました。

エルカルチンの効能効果は【カルニチン欠乏症 】です。
脂肪燃焼効果を狙った処方は出来ませんので要注意。

エルカルチンFF内用液に関する過去記事も読んでね

エルカルチンFF内用液(分包品)が早速届いた。包装や重さなどはどうか?

2017.12.05

エルカルチンFF内用液の10mL瓶が販売中止だって?

2017.12.01

味見ページのまとめ

味見のまとめページを作ってみたのでよかったら見てね~

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。