デパスとアモバンが2016年10月から向精神薬に指定されました




デパスとアモバンが2016年10月から向精神薬に!

デパスとアモバンが2016年10月から向精神薬に指定されました。

デパスは安定剤や睡眠薬、筋肉の緊張をほぐす薬
アモバンは不眠症や麻酔前のお薬として使用されています

今まで向精神薬に指定されておらず、多くの薬剤師は「なんでだろう?」って思っていたのではないでしょうか?

指定されていなかったのは発売当時、アメリカで発売されてなかったからだとか、違うとか……
法が現実に即した形になるのは良いことですね。

向精神薬に指定されたら色々と変わる

  • 投与日数制限が今まではありませんでしたが、30日までしか処方できなくなりました
  • 向精神薬加算8点(80円)がかかるので、1割の人で10円、3割だと2~30円お会計が高くなります
  • 鍵のかかるところに保管

というのが現場での注意点ですね。

向精神薬に指定した狙いは以下の2つでは?

  • 個人輸入の規制
  • 安易な処方へのけん制

個人輸入に関しては「麻薬及び向精神薬取締法」の規定により、医療用の麻薬又は向精神薬を、医師から処方された本人が携帯して入国する場合を除いて、
一般の個人が輸入することは禁止されており、違反した場合には処罰されます
(本人が携帯せずに、他の人に持ち込んでもらったり、国際郵便等によって海外から取り寄せることはできません。)
厚生労働省ウェブサイトより)

安易な処方に対するけん制の目的もありますね。
「弱い薬だから~」といって通常の開業医がガンガン処方しているケースありますからね・・・

必要で処方されている患者さんには日数制限ができたり、お会計が少し高くなりますが
お薬の適正使用という面でよろしくお願いします。

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。