デザレックス錠5mg(デスロラタジン)




デザレックス錠5mgがMSDから発売

商品名:デザレックス錠(DESALEX)
デスロラタジン(Desloratadine)を有効成分とし、アレルギー(Allergy)が関与する疾患の治療剤の
ため、デザレックス(DESALEX)と命名したそうです。

成分:デスロラタジン(Desloratadine)

効能効果:通常、12歳以上の小児及び成人にはデスロラタジンとして1回5mgを1日1回経口投与する。

用法用量:アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒

※11月発売予定の抗ヒスタミン剤ビラノア錠と比べると、12歳から使える点、空腹時の縛りがないのは使いやすいと思います。
ビラノア錠同様、適宜増減もないのも評価が高いです。

発売・薬価収載は11月18日 薬価は69.40円です。厚労省コード4490032F1023

添付文書 インタビューフォーム

外形 表面直径:6.4mm外形 裏面外形 側面厚さ:3.0mm

成分名のデスロラタジンってのが、中二病っぽくてたまらないですね。

クラリチン(ロラタジン)の主な活性代謝物で、ロラタジンよりも眠気が少ないとされています

新薬なのですが、海外では2001年から使われているのでデータもたくさんあります。既存の薬を改良したという点ではジルテックの光学異性体のザイザル(レボセチリジン)と似ています。

2016年8月現在、デスロラタジンは米国、欧州連合(EU)(英国、ドイツ、フランス等)、

カナダ(処方箋の必要がない医薬品として承認されている)等を含む120以上の国や地域で承認されているそうです。

アメリカではCLARINEX、EUやカナダではAeriusという名前です。

ビラノア錠同様に眠気が少ないようで、眠気、精神運動機能及び自動車運転能力に対する影響はプラセボ服用後と同程度であったとインタビューフォームにも記載があります。

結局は、両方とも使ってみて、効果と副作用の有無をみてみないとわからないですが、治療の選択肢が増えるのは非常にありがたいですね。

 

製造販売元:MSD株式会社

発売元:杏林製薬株式会社

img_20161118_105831_676.jpg

 

プロモーション提携:科研製薬株式会社

100錠・140錠・500錠・700錠と包装はそろっています。

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。