【薬剤師が味見してみた】アリセプトD錠ってどんな味だろう?




Pocket

【薬剤師が味見してみた】アリセプトD錠ってどんな味だろう?

今回は認知症治療剤のアリセプトD錠(5mg)の味見をしてみます。
後発品(ドネペジル)への変更が進むアリセプトですが、
嚥下困難な患者さんへの投与が可能なように
色々な剤形が用意されているも特徴の1つです。

高齢者が服用するケースがほとんどですが、OD錠の味ってどうなんだろう?って思い調べてみました。

アリセプトってどんな薬???

成分はドネペジル塩酸塩でアセチルコリン(ACh)を分解する酵素であるアセチルコリンエステラーゼ(AChE)を可逆的に阻害することにより脳内 ACh 量を増加させ、脳内コリン作動性神経系を賦活する。


(インタビューフォームより)

アリセプトの販売剤形

  • アリセプト錠(3mg・5mg・10mg)(1999年)


  • アリセプトD錠(3mg・5mg・10mg)(2004年2月)


  • アリセプト細粒0.5%(2001年3月)

  • アリセプトドライシロップ1%(2013年2月)


  • アリセプト内服ゼリー(3mg・5mg・10mg)(2009円7月)


薬価は剤形ごとで若干異なりますが、
3mgで200円、5mg300円、10mg500~550円ぐらいです。

”細粒”、”ドライシロップ”、”内服ゼリー”と味見をしてみたい剤形がいっぱりありますが
薬価が高いのでなかなか手が出ない・・・

適応のある認知症は以下の2種類だけなので要注意

  • アルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制
  • レビー小体型認知症における認知症症状の進行抑制

 

実際に味わってみた

アリセプトD錠の味はメンソール系の味です。
若干、甘味を感じるものの、基本的に原薬の苦みを感じます。

口の中で完全に溶かした後も若干の苦みが後味として残ります
強烈な苦みとかいう訳ではないのですが、正直なところ美味しくない。

実際のところ、アリセプトD錠を水なしで服用している人ってどれぐらいいるのでしょうか?
認知症→高齢者→多剤服用→OD錠と普通錠をまとめて一包化→普通に水で服用

 

今回、体調が大分回復してきたので久しぶりの味見記事となりました。
鼻水、鼻づまり、痰のおかげで嗅覚・味覚がほぼなくなる状態はきつかったですね。

スポンサードリンク


味見ページのまとめ

味見のまとめページを作ってみたのでよかったら見てね~

Pocket



味見

この記事が良かったと思ったシェアお願いします♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。