共和薬品工業株式会社(アメル)の販売中止品など




Pocket

今週末からゴールデンウイークがスタートしますが比較的落ち着いている気がします(既に感覚がおかしいですが)
小児の粉薬、一包化、疑義紹介あたりが頻発すると辛いですね~

今のところお向かいの先生は処方日数を特にいじることもなく定期処方。
例年、GW中は地獄のような忙しさになるうちの薬局です。

ミスなく、欠品なく毎日頑張るぞ~

カルデナリン・ドキサゾシン添付文書改訂

カルデナリン 使用上の注意改訂のお知らせ

改訂理由
「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項の授乳中止が望ましいとする根拠をヒト母乳中への移行に変更

φ(..)メモメモ

KCTー0809の開発中止(キッセイ薬品)

KCTー0809の開発中止について(キッセイ薬品)

キッセイ薬品はシェーグレン症候群に伴うドライアイの治療薬(KCTー0809)の開発中止を決定したそうです。
有効成分は「オザグレル」ということでカタクロットとかキサンボンSというトロンボキサン合成酵素阻害剤と同じ成分だったようです。

違う剤形で全く違う効能ってなんだか、ムコスタ錠とムコスタUD点眼液みたいな感じですね~

共和薬品工業株式会社(アメル)の販売中止品

アメルの屋号でお馴染みの共和薬品工業株式会社の販売中止品が発表になっています。
詳しくは公式サイトで確認してください。

  • 生食注20mL「ウジ」
  • マイコゾールクリーム 1%
  • ベニジピン塩酸塩錠 2mg・4mg・8mg「アメル」
  • プレビネート注 7%
  • ブドウ糖注 20%「ウジ」
  • トリメブチンマレイン酸塩錠 100mg「アメル」
  • テプレノンカプセル 50mg「アメル」
  • ザルソロン静注 500mg
  • コンドロイチン注 200mg「ウジ」
  • カシロン静注 10mL
  • オメプラゾール注用 20mg「アメル」
  • アトピクト錠 30mg
  • アスファーゲン静注 20mL

見た限りは大きい包装だけ中止ではなく、完全に中止
ただ、他社でも後発品を作っている品目なので、切り替えていけば問題ないと思われます。

武田テバファーマも今後、100品目以上の後発品を削減するような話を聞きましたが
不採算品は厳しいですね~

カナグル錠100mgを台湾で販売へ(田辺三菱製薬)

2型糖尿病治療剤「カナグル®錠100mg」台湾にて輸入販売承認取得

なかなかカナグルを含めてSGLT2阻害薬の処方が増えないなぁ~という印象。
元々糖尿病専門の先生が少ない地域に加えてやっぱり薬価が高いから、DPP4阻害薬とか出して様子を見るケースが多いような気がします。

他社との差別化、DPP4など他剤との差別化・・・難しいんだろうな。

Pocket



この記事が良かったと思ったシェアお願いします♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。