夏~秋にかけての花粉症

スポンサーリンク




Pocket

花粉症と言えば、春先のスギ・ヒノキが有名ですが、1年を通して色々な花粉が症状を引き起こす花粉はあります

夏の花粉症はカモガヤやオオアワガエリなどイネ科の植物
秋の花粉症で有名なのはブタクサやヨモギ等のキク科の植物(いわゆる雑草)が原因となります。
akinokafun.jpg
地域や気温によって多少前後しますが、夏の花粉は5~8月、秋の花粉は8月~10月にかけて飛散します。
道路や公園など色々なところに生育していますが、スギなどの樹木とくらべて飛散距離が短い(数十メートル)ので
近づかないことである程度症状を抑えることが可能です。

スギ、ブタクサ、イネ科植物による花粉症は世界3大花粉症と言われ
アメリカではブタクサによる花粉症が、ヨーロッパではイネ科の植物の花粉症が多いと言われています。

メロンやスイカやセロリを食べると口の中が痒くなる人はいませんか?
メロンやスイカで症状が出る人はイネ科の植物、
メロンやセロリで症状が出る人はブタクサ・ヨモギの花粉が関連しているかもしれません。
花粉症の 原因物質と似た物質がこれらの食物の中に含まれているので、口の中が痒くなることがあるのです。

アレルギー検査をご希望の方は、医療機関へGo!
眠くなりにくいお薬など色々なお薬があります、是非相談を。

Pocket

スポンサーリンク



この記事が良かったと思ったシェアお願いします♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。