気になった適応追加・販売中止・添付文書改定等(1月6日)




気になった適応追加・販売中止・添付文書改定等(1月6日)

イミグランのAG スマトリプタン錠 50mg「アスペン」 発売は1月16日

スマトリプタン錠 50mg「アスペン」 新発売に関するお知らせ

イミグラン錠のAG(オーソライズド・ジェネリック医薬品)です。
これでアスペンジャパングラクソ(GSK)のAG販売3品目目になります(バラシクロビル、パロキセチン
包装は12錠(6錠×2)のみで、薬価は他のGEと同じ329.8

ジェネリックといえば沢井のようにアスペンといえばAGと言われるぐらいAGに特化すると伸びそうな予感。
まだまだ知名度が足りてないですね。

ただ、他のAGと異なっていてGSKの子会社や関連会社というわけではなく
販売権を取得してGSKのAGを発売しているようです。
今後、どこまでGSK以外のAGも発売できるかがポイント

※わんこずき様情報ありがとうございます

中央社会保険医療協議会の開催について

厚生労働省ウェブサイトより

開催日時
平成29年1月11日(水)
9時00分 ~ 10時00分(目途)
薬価専門部会
10時00分(目途) ~ 10時30分(目途)
調査実施小委員会
10時30分(目途) ~ 12時00分
総会

はい、来週の水曜日ですね。資料は協議会開催に合わせてウェブに公開される予定なので
11日の午後は要チェックです。
今年は診療報酬改定の年ではありませんが、2018年4月の改定に関する話も今後出てくると思います。

オプジーボ®点滴静注治癒切除不能な進行・再発の胃がんに対する効能・効果に係る製造販売承認事項一部変更承認申請

オプジーボ®点滴静注(一般名:ニボルマブ)治癒切除不能な進行・再発の胃がんに対する効能・効果に係る
製造販売承認事項一部変更承認申請

2017年もオプジーボという名前は嫌って程聞きそうな予感です。
薬価制度云々っていうのを語らなければ、オプジーボって薬そのものは本当にいい薬なんだろうなって~思います

どこまで適応拡大するんだろう???

肥満症治療剤lorcaserin 全世界における開発・販売に関する全ての権利を獲得

肥満症治療剤lorcaserin 全世界における開発・販売に関する全ての権利を獲得

アメリカではBELVIQ(ベルヴィーク)という名前で発売されているお薬です。
今後は全世界で開発、申請ならびに販売に関して、単独で意思決定および実行が可能となるそうです。

「BELVIQ」は、米国において、Body Mass Index(BMI)が 30kg/m2以上、あるいは少なくとも 1 つ以上
の体重に関連する合併症を有する BMI が 27kg/m2以上の成人患者様の体重管理を目的とした食事療
法と運動療法に対する補助療法として 2012 年に米国食品医薬品局(FDA)より承認され、2013 年 6 月
から発売されています。また、韓国において 2015 年より、アリーナ社が契約した代理店から販売されて
います。2016 年には 、メキシコとブ ラジルにおいて新薬承認を取得してお り 、メキシ コでは
「VENESPRI®」の製品名で上市する予定です。さらに、2016 年に、米国において、1 日 1 回投与が可能
となるよう設計された徐放性製剤「BELVIQ XR」の承認を取得しました。

日本では肥満の薬は当分出ないだろうな~

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。