薬剤師は風邪を引くのか?そして薬を飲むのか?




薬剤師は風邪を引くのか?そして薬を飲むのか?

タイトルに答えるとしたら
「人間なのでもちろん薬剤師も風邪ひきます」

むしろ普通の人よりも風邪の人に接する機会が多いので風邪をひきやすいと思います。

冬場はマスクをしてインフルエンザをうつされないように心がけている薬剤師も多いですが
私は声の通りが元々良くないので、お薬の説明が聴きやすいように冬場でも仕事中はノーマスクです。
(風邪を引いたらマスクします)

逆に冬場(風邪やインフルエンザの流行期)の通勤時にはマスクを欠かしません

もちろんワクチンで予防もしています

ワクチンを打っていることもあり、ここ数年はインフルエンザにもかかっていません。

代わりに風邪は本当によく引いています。
しかも年々、風邪の治りが悪くなっている気がします。

薬剤師は薬を飲まないという本がありましたが、少なくとも私の周りの薬剤師さん
薬を飲みますむしろ私は薬大好きで、通勤用のかばんにもピルケースに緊急時用の胃薬やら痛み止め、下痢止め等など常備していたり
ブログの記事のために味見でお薬(実際のお薬)を飲んでいます。

そして風邪引いたらすぐに薬を飲みます
ひどくなる前にとりあえず「」で押さえ込みつつ「しっかりと休む」力技です。

小さい子供のいる家庭でインフルエンザは大敵

自宅で家族に風邪をうつそうものなら非難轟々です。

インフルエンザになったら職場の近くにホテルを借りていいから帰ってくるな」と言われる程です。

確かに不必要な薬は飲まないほうがいいと思います。

ただし、風邪を引いても微熱では休めないとか、高熱でも代わりのスタッフがいないとか社会的に無理をしないといけない人も沢山います。

やくちち
まぁうちの職場な・・・

そういう方はやはり薬を飲みつつ、お仕事を頑張るしかないのです。

もし、体調の悪そうな薬剤師さんがいたら労ってあげてください。

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。