【味見】モンテルカスト細粒「トーワ」は斬新な服用感!6月16日発売予定だってね~




Pocket

6月16日(金)に収載が決まった2017年6月収載品目
モンテルカスト細粒「トーワ」の味見

前回の味見モンテルカストシリーズは最後だと思っていました
たまたま東和薬品の担当さんから製剤見本を頂いたので
モンテルカスト細粒「トーワ」の味見もしてみようと思います。

モンテルカスト細粒4mg「トーワ」はこんな見た目

まずは頂いた製剤見本を見てみましょう。

はい!この四角いパッケージですね。

今回、味見をしたメーカーの中でスティックタイプでなかったのは
東和薬品と武田テバファーマでした。

これだけで・・・

味見をする前から「う~~ん残念」の評価を下しちゃいます!

大きさとしてはホクナリンテープのパッケージを一回り大きくしたくらいの大きさじゃないですかね?

スティックのスリムな包装を見ているとどうしても「大きいなぁ~」という印象を受けます。

お薬の飲ませ方の情報(2次元コード)が細粒についているのは新しいと思いますが
出来れば先発品を意識しスティック包装にしてほしかったところです。
※(PTPシートには2次元コードつけているメーカー時々見かけますね)

2次元コードを読み込んでみた

2次元コードを携帯で読むと東和薬品のウェブサイトにつながります。

このウェブサイトの内容は「お知らせの紙」もしくは、お知らせの紙に2次元コードでもいいんじゃないかな?って思います。

味わってみた

粉は真っ白な粉です。

味は風味なし非常に甘い単シロップみたいな甘さ

口の中に含んだ直後に非常に冷たく感じる

やくちち
はい、ここ試験にでま~す

この逆が武田テバファーマ(暖かく感じる)

なぜ冷たく感じるんだろう???って思って添付文書の添加物を見てみると・・

<添加物:添付文書より>
D-マンニトール、ヒドロキシプロピルセルロース、
エリスリトール、軽質無水ケイ酸、ステアリン酸Mg

・・・エリスリトール

このエリスリトールは甘味料なのですが、水に溶解する時に吸熱反応を起こすそうで
服用した時の清涼感を出すために、ミンティアのような(?)タブレットにも含まれているようです。

やくちち
エリスリトール=吸熱反応は覚えておこう

思い出してみると、今までに味見をした中で同じように冷たく感じるドライシロップがあったんです!

プランルカストD.S「タカタ」!

プランルカストD.S10%「タカタ」は美味しい???

調べてみるとプランルカストD.S「タカタ」やはり添加物にエリスリトールの記載がありました。

プランルカストD.S「タカタ」の添加物(添付文書より)
D-マンニトール、エリスリトール、サッカリンナトリウム水和物
アセスルファムカリウム、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、含水二酸化ケイ素

非常に甘いんだけど、飲んだ後のすっきり感っていうのでは非常に上手な味付けなのかもしれません。

 

スティックタイプなら採用の可能性があった

東和薬品のモンテルカストチュアブル錠5mgは28錠包装だし
今回の細粒も0.5g×28包

処方頻度の少ない薬局には優しい小さい包装での発売なんです。

なぜそこまで包装が用意出来ているのにスティックタイプにしなかったのか・・・?

そこは非常に残念だと思います。

東和薬品の味はモンテルカストチュアブルはピーチヨーグルト味だし
細粒は清涼感のある甘い味で他社との差別化は出来ていると思うんだけど
あと一歩がなぁ・・・細粒の味だけでなくツメも甘い東和薬品でした。

スポンサードリンク


味見ページのまとめ

味見のまとめページを作ってみたのでよかったら見てね~

Pocket



この記事が良かったと思ったシェアお願いします♪

2 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。