【味見】ホクナリンD.Sはどんな味?実際に味見してみました




【味見】ホクナリンD.Sはどんな味?実際に味見してみました

今回はホクナリンドライシロップ0.1%の味見をしてみます。

ホクナリンと言えばクナリンテープをまずイメージするくらい
貼付剤の方が現在は処方されていると思います。

ホクナリンテープは先日コムクロシャンプーで取り上げたマルホ株式会社
マイランEPD合同会社がデザイン違いで販売しています。(画像はマイラン)

マルホのホクナリンテープ共同販売終了に・・・

また、今回味見をするホクナリンドライシロップはマイランEPDが単独で販売しており、
併売で田辺製薬販売がベラチンドライシロップ小児用0.1%を販売しています。

ホクナリンの由来

このホクナリンという名前の由来を知っていますか?
マイランEPDの前身である陸製薬が合成・開発した交感神経
アドレナリンβ2受体刺激薬から命名されたそうです。

昔のお薬って製薬メーカーの名前から命名したお薬が多かったですね~
ドライシロップの販売開始は1981年ということで、発売35年以上になります。

実際に味見してみた

味見

粉は真っ白なドライシロップです。

顆粒かと思うぐらい口の中に入れたときにザラザラ・シャリシャリした触感がありました。
オノンドライシロップみたいな感じです。

ただ、溶解性は高いようで唾液ですぐに溶けザラつきは殆どなくなり
味は無味で非常に甘いです。
ドライシロップの中でも甘みが強い部類に入ると思います。
単シロップを口の中に入れたような甘い味

甘すぎるってくらい甘いけど風味がついていないので他のお薬と混合しても苦いお薬の味をマスキングしてくれて飲みやすそうです。

確か、同じβ刺激薬のメプチン(シロップ)の味も美味しいかと思いますが
β刺激薬って原薬が苦くないのかな?と推測するやくちちでした。
記事が短くてすみません・・・

 

味見ページのまとめ

味見のまとめページを作ってみたのでよかったら見てね~

面白かったらシェアしてね!

2 件のコメント

    • 北陸製薬って直売だったんですね!?
      MRさんが運んでくるとかちょっと斬新です。
      コスト・スピード的にも卸さんを経由したほうが合理的ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。