【味見】処方頻度は決して高くないものの、最後の切り札的存在のロペミン小児用細粒の味見してみました。困ったときはロペミンだよね。




Pocket

昨日の夜からお腹が緩い・・・


変なものを食べた記憶も無いし、何か下痢に効くお薬ないかな~?と思ったら・・・

 

・・・ん?

 

あった!

 

味見用に調達しておいたロペミン小児用細粒0.05%

今日は全くそのつもりはなかったのですが、急遽ロペミン小児用細粒の味見になりました

実際に味わってみた。

上の画像では黄色っぽく映っていますが、実際の細粒は薄橙色です。

(ヤンセンファーマウェブサイトより)

1包に0.2g(成分として0.1mg)含まれており1包じゃ成人には足りない~ってことで1連の4包を味見です。

味見

口に入れた瞬間に広がる「昔駄菓子屋で食べたことのある味」

そう・・・

モロッコヨーグルみたいな味!

ヨーグルト風味なのは分かるんだけど、いわゆるスーパーなどで売っているヨーグルトよりも
人工的なヨーグルトの風味だと思います。
粉のざらつきは比較的低く、普通の細粒だなぁ~という感じ。

 

でもね・・・「懐かしいモロッコヨーグルだな~」って思った
3秒後には苦味が口の中に広がってきます

不味いというか弱い苦味が口の中に広がって残る感じですね。

口の中で味わっていると苦味が出てくるので、出来るだけ早くお水などで飲み込むのが良いと思う

添付文書の「におい・味」の項目にも
においはなく、味は初め甘く、後にわずかに苦い。”と記載されており、まさにその通りの味になっています。

調べてみると小児用細粒は1988年に発売されて、来年で発売30週年になります。
味の改良って行われているのかな?というか、最新のコーティングで作ればもっと美味しくできそうな気がする

後発品には武田テバファーマのロペラミド塩酸塩細粒小児用0.05%「タイヨー」があります。
こっちはどんな味がするのだろう???

ロペミン細粒には2種類あるので要注意!

ロペミン細粒には2種類あります。

  • ロペミン小児用細粒0.05%(今回味見をした細粒

  • ロペミン細粒0.1%

ご存知の通り、ロペミンの細粒には2規格あり、ロペミン小児用細粒は0.05%(1g中ロペラミド塩酸塩0.5mg)
成人用のロペミン細粒は0.1%(1g中ロペラミド塩酸塩1mg)と小児の倍の量が含まれています
薄い橙色の小児用細粒に対して、成人用の細粒は白色。

やくちち
間違えないように要注意!

適応症も若干違っていて、カプセルと細粒は下痢症小児用細粒は急性下痢症になっています。
うん・・・まぁそういうことです。

禁忌と原則禁忌が多いのも注意が必要

禁忌

  1. 出血性大腸炎の患者[腸管出血性大腸菌(O157等)や赤痢菌等の重篤な感染性下痢患者では、症状の悪化、治療期間の延長を来すおそれがある。]
  2. 抗生物質の投与に伴う偽膜性大腸炎の患者[症状の悪化、治療期間の延長を来すおそれがある。]
  3. 低出生体重児、新生児及び6カ月未満の乳児[外国で、過量投与により、呼吸抑制、全身性痙攣、昏睡等の重篤な副作用の報告がある。]
  4. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

原則禁忌

  1. 感染性下痢患者[治療期間の延長を来すおそれがある。]
  2. 潰瘍性大腸炎の患者[中毒性巨大結腸を起こすおそれがある。]
  3. 6カ月以上2歳未満の乳幼児[外国で、過量投与により、中枢神経系障害、呼吸抑制、腸管壊死に至る麻痺性イレウスを起こしたとの報告がある。]

禁忌が多いからだけではないでしょうが、小児にはタンナルビンとかアドソルビンを処方するケースが多いですよね~

タンナルビンとかも味見したいね(笑)

スポンサードリンク


味見ページのまとめ

味見のまとめページを作ってみたのでよかったら見てね~

Pocket



この記事が良かったと思ったシェアお願いします♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。