【薬剤師が味見してみた】ストロカインは口の中で溶かして飲んじゃダメ!




【薬剤師が味見してみた】ストロカインは口の中で溶かして飲んじゃダメ!

皆さん、大好き(?)エーザイのストロカイン錠
『胃が痛かったらとりあえず飲んでおけ〜』って頼りにしている方も多いのではないでしょうか?

やくちちも以前、人事関係で板挟みになってしまい
2時間毎に2錠ずつ飲むという生活をしていたことがあります
(ダメ絶対)

そんなストロカインですが、『口の中で溶かしてはいけないお薬』ってこと知っていました?

ストロカインは局所麻酔

ストロカインを説一言で明すると、局所麻酔(消化管粘膜局麻剤)です。

添付文書より

本薬の局所麻酔作用は、ウサギの角膜においてプロカインの4,000倍、コカインの500倍を示す。
また、本薬の局所麻酔作用はpH1.0〜2.0の強酸性下でも影響を受けず強力な局所麻酔作用を示す。

だからこそ、胃が痛い!って時に飲むと胃の痛みが収まることが多いですね。

やくちち
他にも

  1. ガストリン遊離抑制作用
  2. 胃酸分泌抑制作用
  3. 胃腸管運動抑制作用

などの薬効も添付文書には記載されています。

 

このストロカインは口の中で溶かしてしまうと
麻酔の作用が出てしまうので要注意というお薬でもあります。

※剤形にはストロカイン錠とストロカイン顆粒の2種類があります。

38-6.TIFF

口の中で溶かしちゃいけないのは、錠剤も顆粒も両方ともです。

添付文書にも記載がある

添付文書を見てみると
適用上の注意(服用時)のところに『速やかに飲みくだすように』との記載があります。

 

5. 適用上の注意

(1) 投与時
長期連続投与は避けること。

(2) 服用時
[1] 錠剤の服用にあたっては、口内にしびれ等を残さないため噛み砕いたりせずに、速やかに飲みくだすよう注意させること。
[2] 顆粒の服用にあたっては、口内にしびれ等を残さないため、速やかに飲みくだすよう注意させること

 

実際に溶かしてみた

実際に口の中で溶かしてみると(実際にはすぐに溶けてしまった)
しびれ(ピリピリ感)というよりも口の中の感覚が麻痺するというか
口の中に薄い膜が張っているような違和感を感じます。
完全に溶け切ったら直ぐに飲み込んだものの、それでも麻酔作用は発揮されます。

味見

測ってみると口の中で溶けるまで約10秒

そこらのOD錠よりも早く溶けてしまいます。

今まで服用した時にはあまり意識をしていませんでしたが
実際に溶かしてみると思いの外早くてビックリです。

口の中で溶かして飲んじゃいけないのは分かったけど
正しくは『口の中で直ぐに溶けるので溶ける前に飲み込んでね』っていうのが正解のような気がします。

一度口の中が麻痺してしまうと、数時間(私の場合は3〜4時間)は効果が持続するので気をつけてくださいね。

ちなみに錠剤の味は無味でした。

まとめ

ストロカインは口の中で溶かすと、口の中に膜が張ったように感覚が麻痺してしまうので要注意。
そもそも、口の中で溶かさなくても約10秒で溶けてしまうので、できるだけ早く飲み込みましょう

味は無味です♪

スポンサードリンク


味見ページのまとめ

味見のまとめページを作ってみたのでよかったら見てね~

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。