【2018年1月発売?】リピディル・トライコアのジェネリックが出るって?




【2018年1月発売?】リピディル・トライコアのジェネリックが出るって?

先日、来局した武田テバファーマのMRさんから
ロスバスタチンの製剤見本とともに、『フェノフィブラート錠』の製剤見本をもらいました。

OD錠ではないので味見はできないけれど
先発品と比べてみると色々な違いに気がついたので記事にしてみます。

IMG 20171025 112507

先発品と比べてみよう

左から『トライコア』・『フェノフィブラート』・『リピディル』の順で並べてみました。

フェノフィブラート錠53.3mg「武田テバ」の見た目

IMG 20171025 112657

PTPシートの小ささが目を引きますね。

フェノフィブラート錠80mg「武田テバ」の見た目

IMG 20171025 112703

こちらのPTPは各社ほぼ同じサイズ

どちらの規格も見た目は『あすか製薬のリピディル錠』に似たデザインになっています。

錠剤の大きさは?

錠剤の大きさは先発・後発でほぼ同じです

  • トライコア・リピディル53.3mg:直径:7.5mm・厚さ:3.4mm
  • フェノフィブラート53.3mg「武田テバ」:直径:7.5mm・厚さ:3.4mm 
  • トライコア・リピディル80mg:直径:8.5mm・厚さ:4.0mm
  • フェノフィブラート80mg「武田テバ」:直径:8.5mm・厚さ:3.9mm(▲0.1mm)

先発品よりも優れている点・期待できそうな点

箱が小さい可能性がある

フェノフィブラート錠53.3mg「武田テバ」のPTPシートは
先発品と比べるとかなり小さいので、細長い先発品の箱よりも小さくなる可能性があります。

やくちち
先発品って箱が長いので引き出しに入れると
引っかかって 箱の上部が潰れるんですよね〜

80mgのシートサイズは先発品とほぼ同じですが
こちらも箱が小さくなるといいな〜と心の底から思っています。

レーザー印字対応

後発品では当たり前になった、『レーザー印字』がフェノフィブラート錠「武田テバ」には採用になっています。
一包化している薬局では、印字が見やすくて良いのではないでしょうか?

ちなみに、両面ともに製品名と含量が印字されています。

IMG 20171025 120138

PTPシートにも細かな工夫が!

1錠ずつ切り離したとしてもどの製品か?分かるピッチコントロールはもちろん
PTP裏面は2錠ずつ切り離してもGS-1コードが読み取れるようになっています。
(薬効は10錠シートで裏面3箇所に記載)

IMG 20171025 154120

発売予定は?

2017年12月収載品ですが、安定供給の関係で販売は2018年1月にずれ込むという情報が入っています。

同時に発売する会社が他にないために、フェノフィブラート錠に関しては『武田テバファーマが独占状態』が予想されます。

後発率の安定や先発併売品の一本化もはかれるので採用し積極的に変更する予定です。
とは言え、クレストールやオルメテックほど処方が多くないので、採用しない薬局も一定数ありそう・・・

何より、フェノフィブラート錠が発売予定なのを知らない薬局も多そうです。

武田テバファーマの12月収載予定品の記事も書いているのでよかったらどうぞ〜

【2017年12月〜2018年1月発売予定】武田テバファーマの注目ジェネリックはこれだ!

2017.08.23

スポンサードリンク


面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。