65歳以上の女性の割合分かりますか???(日経新聞)総務省発表




illust413

総務省の発表(日経新聞記事)によると女性の3割が65歳以上だそうです。

9月15日時点で、65歳以上の割合は女性で30.1%、男性で24.3%
男女計で27.3%(前年比+0.6)となったそうです。

あと数年したら、女性の3人に1人(33%)が65歳以上になりそうです。

65歳以上の人口も73万人増えて、3461万人。

また、後期高齢者医療制度の対象となる75歳以上は全国で1673万人で
人口の13.4%を占めています。

 

65歳以上の27.3%という数字は欧米主要6カ国と比べても最も高く、
イタリアが22.7%、ドイツが21.4%を大きく引き離しています。

また、日本の大きな問題として、高齢化が急速に進んでいるという点で

1995年と比べての伸び幅が、

イタリア:+6.2 ドイツ:+6.0 日本:+12.7と他の国を大きく引き離しているのです。

 

うちの薬局の周りに空き店舗が出来ると、次々と出来るものが

!!!整骨院!!!

というのも理解できます。小さな駅なのい7~8件あると思います。

特に、地域的に高齢者が多い地域なのもあると思いますが・・・

 

確かに、健康なお年寄りは非常に多いです。昔は定年を迎えると自宅でのんびりと老後生活というイメージがありましたが、

最近では、スーパーでの補助的な仕事や工事現場の誘導の仕事など65歳を超えると思われる方が働く姿を良く見かけます。

薬剤師も本人のやる気があれば、65歳を超えても勤務することができます。

ただ、小さい文字を見たりする目の力や新しい薬を覚える記憶力、俊敏性などは残念ながら低下していきます。

眼科の門前や整形の門前など処方の負担の少ない薬局を選べば、まだまだ活躍できると思います。

健康寿命を延ばす努力、今後一層重要視されるのではないでしょうか?

薬剤師としては何が出来るんだろう???

 

 

私は・・・アーリーリタイアしたいです。

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。