【味見】モンテルカストチュアブル錠5mg「タカタ」味付けに定評がある高田製薬だけど、思わぬところに採用の黄色信号が!?【2017年6月収載】




Pocket

今日の味見は、これまた6月発売予定のモンテルカストチュアブル錠5mg「タカタ」です。

モンテルカスト細粒と同様にお会計(自己負担金)が発生しない患者さんに処方されるケースが多いので
味の良し悪しが採用の大きなポイントになります。

AGが同時に発売しない予定なので、ジェネリックメーカーの厳しいシェア争いが予想されます。

味見

見た目は先発に似たオレンジ色のPTPシート、他社のモンテルカストチュアブルと同じような雰囲気です。

錠剤にはレーザー印字(?)で印字してあり見やすいです。
特に規格の【5】という数字が大きく強調されています。
錠剤の大きさは先発と同じ9.5mmの直径
厚みが先発4.4mmに対してタカタは4.1mmと少し薄くなっています。

香りを嗅ぐとほんのりイチゴの香りがします。(添付文書上は特異なにおいと記載)
かなり期待できます!

実際に味わってみた

味はいちごミルク味
いちごの酸味は全くなくて、いちご風味にミルクっぽい優しくて甘い味
他社は「いちご味」が多いですが、ミルクの風味を加えることで優しい味に仕上がっています。

完全にいちご味のラムネみたいで美味しいです

今回も高田製薬は信頼できる味付けをしてくれていました。
味だけならこのまま文句なしの採用。

モンテルカストチュアブル錠5mg「タカタ」の欠点

味付けに関しては文句なしの美味しさの高田製薬ですが、唯一の欠点はその包装

高田製薬のモンテルカストチュアブル錠は100錠と140錠の包装しかないこと。
同封されていた添付文書を見て愕然としました。

味は文句なしに美味しいのに、28錠包装がないのは時々しか使わない薬局には正直痛い

28錠包装を発売する(予定)のメーカー

他社の状況を添付文書で調べてみたら
28錠包装を発売しそうなのは以下の13屋号
(高田製薬等残りは100錠だったり140錠だったり)

  • ケミファ
  • ゼリア
  • タナベ
  • ファイザー
  • 三和
  • 日医工
  • 明治
  • 科研
  • YD
  • サワイ
  • トーワ
  • ニプロ
  • DSEP

高田製薬は大本命だっただけに、28錠包装がないのは採用に黄色信号です。

勤務する薬局でのモンテルカスト採用基準

モンテルカストに関しては以下のポイントで採用を検討しています。

  • 細粒とチュアブルのメーカーは統一したい
  • 小児向けのお薬なので味重視
  • 細粒は取り扱いやすさと先発に似ている点からスティックタイプのメーカーがいい
  • 安定供給してくれそう・信頼できるメーカー

スティックタイプの細粒を作っていて、安定供給しそうなのは沢井製薬日医工とかMeijiSeikaファルマとか?

この辺りは味の見本を取り寄せて味実してみようかな?

乞うご期待!

スポンサードリンク


味見ページのまとめ

味見のまとめページを作ってみたのでよかったら見てね~

Pocket



この記事が良かったと思ったシェアお願いします♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。