SGLT2阻害薬とDPP4阻害薬の配合剤がアメリカではもう承認!(3月3日)




こんな薬局関係の情報がありました(3月3日)

今日は3月3日でひな祭り~

今年も始まったと思ったらもう3月ですよ。
花粉症も少しずつ増えてきており、大飛散がいつ起こるかガクブルです。

さて、今日もあまりニュースがない。
よく言えば平和なのかな?

薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会・第二部会が開催

薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会議題

薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会議題

昨日・今日で薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会と第二部会が行われました。
新薬関係の情報もしっかりと把握していないといけないのに全く資料を読んでません!

アストラゼネカ:米国FDAよりダパグリフロジン(SGLT2阻害薬)とサキサグリプチン(DPP4阻害薬)の配合剤を2型糖尿病治療薬としての承認を取得

アストラゼネカ 2型糖尿病治療薬QTERN(サキサグリプチン・ダパグリフロジンの配合剤)の米国における承認を取得

米国での話とはいえ、SGLT2とDPP4の配合剤が発売なんですね。

気になる組み合わせは以下の2剤の組み合わせ

  • ダパグリフロジン10mg:フォシーガ
  • サキサグリプチン5mg:オングリザ

何だかアメリカでは肥満の人が多いイメージなのでSGLT2阻害薬が使いやすいのかな?

それにしても、うちはSGLT2阻害薬の処方がなかなか増えないなぁ・・・

ファイザーの医薬品:包装変更

端の部分が紺色の箱ってファイザーのイメージが強かったんですが、変更になるらしいですね。
今日届いたお知らせにはメトトレキサートとチャンピックスが載っていました。

う~~ん、なんだかシンプル過ぎて見慣れないです。

いつものことながら、これだけ包装が変われば返品不可になるでしょうから、在庫管理要注意ですね。

面白かったらシェアしてね!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。