【2017年6月収載】6月収載のジェネリックは第一三共エスファ無双(2月15日)




こんな薬局関係の情報がありました(2月15日)

今日は午後からの出勤のやくちちです。

午前中は嫁実家・親戚の家に先日の伊豆旅行のお土産をもって訪問

そのあと、子供たちと少しだけお散歩をしてから出勤です。
(午前は父、午後は薬剤師モード)

ミカルディス、エビリファイなど初参入10件超  6月追補きょう承認

ミカルディス、エビリファイなど初参入10件超  6月追補きょう承認(日刊薬業)

ミカルディス・ミカムロ・ミコンビとエビリファイなど11成分(17品目)
剤形追加でモンテルカストチュアブル錠5mgと細粒4mgも承認されているようです。

後発品350品目以上の製造販売を承認ということで、卸さんはどこまで在庫を抱えるんだろう???

「メディパルHDは推奨8社だかに絞って在庫」とか、どこかで読んだ気がします。
もう、それでいいよ~って思う。

ジェネリック大手の製造承認の状況を見てみましょう

オーソライズド・ジェネリック事業強化について(第一三共エスファ)

オーソライズド・ジェネリック事業強化について(第一三共エスファ)

事前の情報にもありましたが、AGは第一三共エスファ祭りになっています(屋号はDSEP)

本日、第一三共エスファは、以下の製品を含む複数のAG製品の製造販売承認を取得しました。

<主な製造販売承認取得のAG製品>

製品名
先発品名
先発品 製造販売会社・発売会社
オルメサルタンOD錠
5mg・10mg・20mg・40mg「DSEP」
オルメテックⓇOD錠製造販売:第一三共株式会社
テルミサルタン錠
20mg・40mg・80mg「DSEP」
ミカルディスⓇ錠製造販売:日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
発売:アステラス製薬株式会社
テラムロⓇ配合錠
AP・BP「DSEP」
ミカムロⓇ配合錠
テルチアⓇ配合錠
AP・BP「DSEP」
ミコンビⓇ配合錠
ロスバスタチン錠
2.5mg・5mg「DSEP」
クレストールⓇ錠製造販売:アストラゼネカ株式会社
発売:アストラゼネカ株式会社、塩野義製薬株式会社

困ったら第一三共エスファ(DSEP)を選べばOK?
うちの薬局はとりあえずでAG採用の予定。
うちのテルミサルタンは大人の事情により東和薬品が採用となりました。

第一三共エスファのAG、6月に発売予定はミカルディス系のテルミサルタン、テラムロ、テルチアの3製品
他社ジェネリックと同時発売の予定です。

AGなのでそこそこ売れるとは思いますが、他社も製品の差別化を行ったり、薬価差率を大きくしたりで
どこまで第一三共エスファがシェアを取れるかが見ものです。

しかし今回他社に先駆けて、オルメテック・クレストールのAGも製造販売承認を取得したということで、
この2つのAGはエスファだけ先行発売のフラグが立ちましたね~(2017年9月に先行発売との噂
爆売れの予感!

製造販売承認取得に関するお知らせ(日医工)

製造販売承認取得に関するお知らせ(日医工)

日医工は7成分19製品の製造承認を取得したそうです。
おおよそこのあたりを発売するメーカーが多いでしょうね~

製造販売承認取得に関するお知らせ(東和薬品)

製造販売承認取得に関するお知らせ(東和薬品)

東和薬品は12成分35品目の製造販売承認を取得

日医工の後に東和の発売予定を見たら、AGではないものの東和薬品かなり攻めてるよね!って感じです。

  • テルミサルタンOD錠
  • ディナゲスト
  • バラクルード
  • セイブル
  • マクサルトRPD

ついにジェネリックが出るんですね~!気になる!

ディナゲストは「値段が高い」ってよく言われるので後発が出たら喜ばれそう
セイブルは後発率への影響も出てくるから要注意
バラクルードは公費があるから後発に変える人は少なそうな印象。

東和は相変わらず値引きは50%とか出るのかな?

製造販売承認取得に関するお知らせ(沢井製薬)

製造販売承認取得に関するお知らせ(沢井製薬)

10成分27品目の製造販売承認を取得

まぁ東和と似たような品目ですね。
(東和のウェブサイトを先に見たので驚きはほとんどなし)

モンテルカスト普通錠はTCKに相乗りを継続したまま
OD錠・チュアブル・細粒で「サワイ」の屋号が登場することになるようです。

製造販売承認取得に関するお知らせ(武田テバファーマ)

製造販売承認取得に関するお知らせ(武田テバファーマ)

8成分19品目の製造販売承認を取得

薬効分類名製品名先発品名
胆汁排泄型持続性AT1受容体ブロッカーテルミサルタン錠20mg・40mg・80mg「武田テバ」ミカルディス錠20mg・40mg・80mg
胆汁排泄型持続性AT1受容体ブロッカー/持続性Ca拮抗薬合剤テラムロ®配合錠AP・BP「武田テバ」ミカムロ配合錠AP・BP
胆汁排泄型持続性AT1受容体ブロッカー/利尿薬合剤テルチア®配合錠AP・BP「武田テバ」ミコンビ配合錠AP・BP
抗ウイルス化学療法剤エンテカビル錠0.5mg「武田テバ」バラクルード錠0.5mg
抗精神病薬アリピプラゾールOD 錠3mg・6mg・12mg・24mg「武田テバ」エビリファイOD錠3mg・6mg・12mg・24mg
抗精神病薬アリピプラゾール内用液分包3mg・6mg・12mg「武田テバ」エビリファイ内用液0.1%
ロイコトリエン受容体拮抗剤モンテルカストチュアブル錠5mg「武田テバ」キプレスチュアブル錠5mg
―気管支喘息治療剤―シングレアチュアブル錠5mg
ロイコトリエン受容体拮抗剤モンテルカスト細粒4mg「武田テバ」キプレス細粒4mg
―気管支喘息治療剤―シングレア細粒4mg
還元型葉酸製剤ホリナート錠25mg「武田テバ」ユーゼル錠25mg
ロイコボリン錠25mg
利尿降圧剤フロセミド錠10mg「武田テバ」
(剤形追加)
ラシックス錠10mg

多くは望まないから、武田テバファーマは安定供給してくれ!

平成29年2月14日付塩崎厚生労働大臣会見概要

平成29年2月14日付大臣会見概要

受動喫煙対策」と「京都府立医大附属病院が暴力団の組長に対して虚偽の診断書を作成」についてのコメント等

(記者)
受動喫煙対策について、先週の記者会見で大臣は加熱式たばこについてどのようにするかについて、法律に現段階で書き込む予定はないとおっしゃったと思いますけれども、まだ結果的に規制の対象にするかどうかは決めていないということだと思いますが、いつごろまでに科学的なエビデンスがはっきりすれば良いとお考えか、時期的なメドがあれば教えて下さい。

(大臣)
今回、御提起しようとしている受動喫煙の問題は、他人の健康にどういう影響がありうるのかという観点から受動喫煙防止法案を考えて、他人に影響が及ばないようにするということに主眼があるわけであります。この加熱式たばこというのは比較的新しいものでありますが、受動喫煙の健康影響の可能性があるならば規制をしなければならないと考えています。皆さん御案内のように、加熱式たばこは財務省から見れば、たばこそのものでありまして、たばこ税もかかっています。そして、パッケージにも紙巻きたばこと同じように注意文言表示がされていて、有害であるということが書かれているという位置づけのものであります。そしてまた例えば、メーカーも主流煙という吸い込むものに発がん性のある有害物質があることを自ら認めているということでありますが、主流煙と副流煙があって、まだ副流煙に関してどうなのかという科学的な知見は明らかになっていません。つまり健康影響がどうあるかについてはまだ十分明らかではないということを申し上げたわけで、速やかに研究を進めて施行の時点までには少なくとも規制の対象とするかどうか判断したいと考えております。他の国々でどのような規制を今しているのかということをしっかりと私たちも調べなければいけないということで、原局から海外の厚生労働省の職員などを通じて調べているところで、科学的な根拠と、使用することについての規制はどのような関係になっているのかということは良く分かっておりせんので、そのようなことも含めて考えていきたいと思います。前回申し上げたことは、法律として規制するかどうかということを書き込むということはまだ予定していないと申し上げたところでありますので、引き続きどのようなことになっているのか良く考えた上で皆様に御議論をいただき、そして結論を得ていきたいと考えています。

(記者)
京都府立医大附属病院が暴力団の組長に対して虚偽の診断書を作成して収監されないようにということをしていた疑いが出て、京都府警が捜査に乗り出すということになっております。こうしたことに対するの大臣のお受け止めと、京都府立ということで公の病院が暴力団組織の利益に繋がるようなことを行ったということで、これが事実であるとすれば厚生労働省として何らかの対応は考えられるかということをお聞かせ下さい。

(大臣)
私も詳しいことは聞いておりませんので、今コメントする材料を持ち合わせていないということが正直なところでございます。いずれにしてもこれは、京都府がまずしっかりと調べなければいけません。当然私どもは京都府から報告を受けるということでありますから、速やかにそういったことについての内容を把握して、京都府が適切に判断をすることを期待するとともに、事の発端は何なのかということも我々としてもしっかり考えていきたいと思います。

分煙派の議員が多いようですね~
大きな利権があるのでしょう。個人的には禁煙を推進してくれる議員を選びたい!

スポンサードリンク


本日2月15日発売の1冊

「微生物学/臨床微生物学 第3版」を全面改訂リニューアル

各分野の臨床・教育・研究に携わる先生方を執筆者として迎え
必ず学ぶべき内容をおさえた新テキスト

だそうです。

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。