タミフルドライシロップ 新生児、乳児の場合:3mg/kgです

スポンサーリンク




Pocket

タミフルドライシロップ3%(オセルタミビルリン酸塩)

薬事・食品衛生審議会において公知申請に係る事前評価が終了し、薬事承認上は適応外であっても保険適用の対象となる医薬品にタミフルドライシロップが追加になりました。

追加又は変更予定の用法・用量
(太字部分追加)
治療に用いる場合
(2)小児
通常、オセルタミビルとして以下の1回用量を1日2回、5日間、用時懸濁して経口投与する。ただし、1回最高用量はオセルタミビルとして75mgとする。
幼小児の場合:2mg/kg(ドライシロップ剤として66.7mg/kg)
新生児、乳児の場合:3mg/kg(ドライシロップ剤として100mg/kg)

中外製薬のウェブサイトの表に付け加えてみました
うちもそうですが、姉弟でタミフルドライシロップの用量が逆転するケースがありますね
姉(2歳以上:体重12kg):1.6g(48mg)分2 5日分
弟(11か月:体重11kg):2.2g(66mg)分2 5日分
1歳未満は体重(kg)=秤量(5日分のg)と同じになるから、分かりやすいかも?

左は9kgから体重がスタートしており、右の新生児・乳児は3kgからスタートしているので注意

体重
(kg)
1日投与量(2分服) 5日間投与量 体重
(kg)
1日投与量(2分服)
新生児・乳児
5日間投与量
オセルタミビル
(mg)
タミフル
ドライシロップ
(g)
タミフル
ドライシロップ
(g)
オセルタミビル
(mg)
タミフル
ドライシロップ
(g)
タミフル
ドライシロップ
(g)
9 36 1.20 6.00 3 18 0.60 3.00
10 40 1.33 6.67 4 24 0.80 4.00
11 44 1.47 7.33 5 30 1.00 5.00
12 48 1.60 8.00 6 36 1.20 6.00
13 52 1.73 8.67 7 42 1.40 7.00
14 56 1.87 9.33 8 48 1.60 8.00
15 60 2.00 10.00 9 54 1.80 9.00
16 64 2.13 10.67 10 60 2.00 10.00
17 68 2.27 11.33 11 66 2.20 11.00
18 72 2.40 12.00 12 72 2.40 12.00
19 76 2.53 12.67 13 78 2.60 13.00
20 80 2.67 13.33 14 84 2.80 14.00
21 84 2.80 14.00 15 90 3.00 15.00
22 88 2.93 14.67 16 96 3.20 16.00
23 92 3.07 15.33 17 102 3.40 17.00
24 96 3.20 16.00 18 108 3.60 18.00
25 100 3.33 16.67 19 114 3.80 19.00
26 104 3.47 17.33 20 120 4.00 20.00
27 108 3.60 18.00
28 112 3.73 18.67
29 116 3.87 19.33
30 120 4.00 20.00
31 124 4.13 20.67
32 128 4.27 21.33
33 132 4.40 22.00
34 136 4.53 22.67
35 140 4.67 23.33
36 144 4.80 24.00
37 148 4.93 24.67
37.5 150 5.00 25.00

日本で承認されたタミフルドライシロップ3%の1回最高用量はオセルタミビルとして75mgです。

3mg/kgという量はアメリカやEUで承認されている量を参考にして決めているようで
アメリカでの用量は以下の通り

(タミフルドライシロップ インタビューフォームより)

EUでの1歳未満の用量は以下の通り


(タミフルドライシロップ インタビューフォームより)

1歳~12歳は日本と違って、体重で大まかに量が決まっているのも分かると思います。

 

添付文書も改定になりました(3月25日追記)

Pocket

スポンサーリンク



この記事が良かったと思ったシェアお願いします♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。