武田薬品の多発性骨髄腫治療薬(ニンラロ) 欧州評価委員が一転推奨(日経新聞)(イキサゾミブ)




Pocket

欧州医薬品評価委員会(CHMP)が、ニンラロ(ニンラーロ?)(成分名イキサゾミブ)を前治療歴のある多発性骨髄腫に対して条件付き承認を推奨する肯定的見解が示されたそうです。

欧州委員会がこの推奨を採用し正式に承認した場合、ニンラロは初めてかつ唯一の経口プロテアソーム阻害剤として欧州経済領域(EU28ヶ国ならびにノルウェー、リヒテンシュタインおよびアイスランド)において使用できることとなります。

武田薬品すげぇな~

他の治療法でだめだった患者さんには非常に期待ができるニュースではないでしょうか?
ある程度の有効性・安全性が認められれば、それを選択肢の1つにできるというのは非常に安心できます。

ただ、5月の時点ではCHMPは「推奨しない」というスタンスだったそうで、判断が反転したのは何があったのでしょうか???

欧州では1年以内を目処に販売される見通しとなったそうです。

 

詳しくは武田薬品HPの該当プレスリリースを

198.png

 

Pocket



Doctor&Nurse

この記事が良かったと思ったシェアお願いします♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。