嫁が薬剤師だと毎日が面白い




私は薬剤師ですが、我が家は妻も薬剤師の薬剤師夫婦です。

結婚するまでは同じ薬局で働いていましたし、結婚後も近所の薬局でパートで働いてもらっていました。
第二子の妊娠・出産をしてからは現場を離れて現在は育児に奮闘中です。

こんな感じのゆる〜い絵(自画像)も描いてくれます。

自宅でも処方分析ができる!

子供の薬を出してもらったあとに夫婦で処方の分析をしたりします。

  • 「この先生は抗ヒスタミン剤にはコレを使うんだ~」
  • 「結構、鼻水にはムコダインを使うんだね~」
  • 「小さい子に抗ヒスタミンを使うと呼吸を抑制する可能性があるから先生は処方しない」って言っていた〜

って感じで会話してます。
小児科も先生によって抗生剤を使う先生、使わない先生と色々ありますからね。

もちろん、普通の会話もするのですが、専門的?な会話は面白いです

独身時代はそれぞれ『今日の治療薬』を購入していたけど
結婚してからは一家に1冊(共有)でよくなったので助かっています。

新しくお薬が出た時もまた楽しい

今まで『錠剤しかなかったお薬に粉薬が発売』になったりすると
この錠剤、硬くて潰しにくかったんだよね~」とか言われたりします。

現場から少し離れているので、新薬の情報とか、新ジェネリックの情報とか
嬉しそうに話を聞いてくれます。

現在は育児メインの生活ですが、そろそろ現場復帰したい!って言っています。

薬剤師は『生涯現役』を実現できる職業の一つだと思っています。

私も、『好きな化学を使う職業長く勤められる職業につきたい』と思って薬剤師になりました

日々、新しいお薬が出たり勉強することは尽きません。
新薬の情報とか私のブログもちょっとは役に立っているかな???

日々精進・日々努力

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。