東邦HDもジェネリック製造販売に参入へ




東邦HDもジェネリック製造販売に参入へ

東邦薬品の親会社である東邦HDが完全子会社である「エール薬品株式会社」の商号を
11月1日付けで「共創未来ファーマ株式会社」に変更することを発表しました。

このエール薬品は医療用医薬品の受託製造事業を主に行っていたようで

ウェブサイトによると

製造している医薬品

  • アルプロスタジルアルファデクス注射用20μg「AFP」
  • イマチニブ錠100mg「NSKK」
  • ヒドロコルチゾンリン酸エステルNa静注液100mg/500mg「AFP」
  • ダルテパリンNa静注5000単位/5mL「AFP」
  • ドブタミン点滴静注 100mg「AFP」
  • ナファモスタットメシル酸塩注射用10mg「AFP」/50mg「AFP」/100mg「AFP」
  • ガベキサートメシル酸塩注射用100mg「AFP」
  • ガベキサートメシル酸塩注射用500mg「AFP」
  • バラシクロビル錠500mg「オーハラ」
  • メチルプレドニゾロンコハク酸エステルNa注射用40mg「AFP」/125mg「AFP」/500mg「AFP」/1000mg「AFP」
  • リトドリン塩酸塩点滴静注液50mg「オーハラ」

製品情報一覧によると以上の薬を製造しているようです。

東邦の子会社なのに、アルフレッサファーマ(AFP)の製品を作っているのは何だか不思議な気がします。

会社の名前が変わるだけじゃない!

商号の変更だけでなく、今後はジェネリック医薬品を中心とした医療用医薬品の開発・製造・販売事業を展開することになるそうです。

12月に発売のモンテルカスト10mg「タカタ」には高田製薬だけでなく、共創未来ファーマのやつがあります

アルフレッサとアルフレッサファーマのような関係になるんですかね?
アルフのMSによると思ったほどアルフレッサファーマの商品を会社として販売しろって言われないそうですが、
東邦の場合はどうなるんでしょうか???

 

役員にはしっかりと東邦HDの社長の濱田矩男氏の名前もありますね。

東邦ホールディングスの新たな事業展開「共創未来ファーマ株式会社」

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。