ノーベル賞受賞 大隅良典先生の著書 誰か買ってみて~




Pocket

カロリンスカ医科大は東京工業大の大隅良典(よしのり)栄誉教授(71)にノーベル医学生理学賞を贈ると発表した。授賞理由は「オートファジー(自食作用)の仕組みの発見」。細胞が自分自身の一部を分解し、栄養源としてリサイクルしたり、新陳代謝したりする仕組みを明らかにした。様々な生物に共通する根源的な生命現象の謎を解いた。

 

専門書なので、在庫が無かったり、値段が高かったりですが、興味のある方はどうぞ〜

■ユビキチン‐プロテアソーム系とオートファジー―作動機構と病態生理

大型本: 1119ページ
出版社: 共立出版 (2007/02)

 

■酵母のすべて (系統,細胞から分子まで)

単行本: 348ページ
出版社: 丸善出版 (2012/2/29)

 

 

Pocket



この記事が良かったと思ったシェアお願いします♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。