【スズケン】医薬品卸も国際化の波【EPSホールディングス】




日経新聞より

 

治験受託の国内最大手EPSホールディングスと医薬品卸大手のスズケンが資本提携することになったそうです。

10月中に約20億円分の株式を持ち合います。

(EPSはスズケンの自己株式0.6%を、スズケンはEPSの自己株式3%を取得する。)

 

どちらも中国での事業を始めており、海外での治験支援・卸事業の強化をはかるほか、

国内では、治験から販売や問い合わせまで一貫して受託できる体制を作ることを目標としています。

 

医薬品卸の利益率は非常に少ないんです。営業利益率で1%~2%という状態。

別の会社ですが、医薬品卸大手のメディパルHDは売上高3兆円で営業利益は400億円程度、営業利益率1.4%(2016年3月)

厳しいですよね・・・

 

そうなると、医薬品卸が治験関係に参入、介護・薬局経営に参入、海外に展開というのは当然なのかもしれません。

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。