二日酔いに漢方薬はどうですか?(五苓散)




ズバリ五苓散と言うお薬(漢方薬)です

ツムラやクラシエの番号で言うと17番の漢方薬です。

tf005315_001_01

 

『効能・効果』
口渇、尿量減少するものの次の諸症
浮腫、ネフローゼ、二日酔、急性胃腸カタル、下痢、悪心、嘔吐、めまい、胃内停水、頭痛、尿毒症、暑気あたり、糖尿病
とわかるように、効能に二日酔が書いてある漢方薬なのです。

初めて見たときは感動してしまいました。

医師にもよりますが、胃腸の調子が悪かったり吐き気があるという症例で処方される事が多いような気がします。

あとは、めまいも多いです。

五苓散は水分調節機能があるため、体内に溜まっている無駄な水分を排泄してくれます。お酒を飲んだ後って二日酔いになるだけで無く浮腫が出たりしませんか?

めまいもリンパ液の流れが悪くなることで起きる事があります。

この五苓散は効能を見てもわかるように水が溜まった症状(水帯と言います)に効果があるのです。
飲み方としては二日酔いになってから飲むのではなく、お酒を飲む前から五苓散を飲んでおいて、翌日起きたら(夜中に目が冷めたら)さらに1包飲むとかの方が効くような気がします。
そもそも、二日酔いになって気持ち悪い状態で漢方を飲むのも辛いですし・・・

医療関係者も愛用している方が多いお薬です。

私も飲み会の時には必ず飲むようにしています。

まぁ、それでもお酒を飲みすぎれば二日酔いになりますが(笑)

飲み過ぎにはくれぐれも注意です。

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。