薬剤師が作るカレー(やくちちカレー)




薬剤師が作るカレー(やくちちカレー)

今朝かわが家の『料理マスターの実母が一泊二日で石川県に行ってしまっているので
料理が大変です。

嫁も料理できるのですが、風邪の子供を抱えての料理は大変ですからね……
(只今、わが家は風邪が流行中

お仕事がお休みなので、今日のお昼と夜は私ができる限り作ってみました。

やくちち
やくちちカレーだぁ!

お昼は冷やし中華夜はカレーです。

はい、手抜きなカレーです。

薬剤師さんが食べるカレーを言うことで、薬膳カレーとか思い浮かべましたか?

凄いこだわりがあるとか思いました?

やくちち
残念ながら普通のカレーです。

具材は普通

具材はじゃがいも、人参玉ねぎとお肉

dsc_0636.jpg
辛いのが苦手なので、カレールーの甘口と中辛を1:1で混ぜているのと

嫁が牛肉を食べると下痢してしまう体質なので、豚肉になります。

ルーをとかした後には微調整でS&Bのカレーパウダー
ソース、醤油、にんにくチューブなどを加えて好みの味にします。

やくちち
適当に入れるだけでもカレーのコクが増して美味しく感じます

dsc_0638.jpg

更に、甘めのカレーができるので私は食べるときに、カレープラス(辛さ自在)をかけて、辛くします。

至って普通のカレーが完成です。

最後にナスを炒めて加えてみた

このままじゃ普通のカレーすぎるので、キッチンを見渡し
たまたまナスがあったので、輪切りにしてフライパンで炒めて
茄子カレーの完成です。

時々、料理熱が発生するやくちちの簡単カレーでした。

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。