プランルカストD.S10%「タカタ」採用です。タカタは薬局のポイントをよくわかってる!




プランルカストD.S10%「タカタ」採用です。タカタは薬局のポイントをよくわかってる!

今までは先発品のオノンD.Sのみ採用の薬局でしたが後発率を少しでも上げようと
プランルカストD.S10%「タカタ」を買ってみました。

point-blur_20161114_171354.jpg.jpeg

タカタのここが素晴らしい!

各社発売しているプランルカストD.S最小包装の中で一番量が少ないんです(0.5g120包=60g

現在販売されているプランルカストD.Sの包装はコチラ

EKは0.7g×200包(140g)・バラ100g

TCKは0.7g×180包(126g)・バラ100g

TYKは0.5g×200包(100g)・0.7g×200包(140g)・バラ100g

アメルは0.7g×180包(126g)・バラ100g

オーハラは0.5g×200包(100g)・0.7g×200包(140g)・1g×200包(200g)・バラ100g

サワイは0.7g×200包(140g)・バラ100g・500g

タカタは0.5g×120包(60g)・0.7g×120包(84g)・1g×120(120g)・バラ100g・500g

トーワはバラ100g、500g

日医工は0.5g×140包(70g)・0.7g×140包(98g)・1g×140包(140g)・バラ100g

AFPは0.5g×200包(100g)・0.7g×200包(140g)・1g×200包(200g)・バラ100g

小児科が近くにあったりして処方頻度が高い場合には、大きい包装・バラ包装も検討できるのですが、ほとんどオノン(プランルカスト)が処方にならない薬局にとって一番大切なのは

小さい包装であることです。

処方頻度が低い場合には、できるだけ残る数が少ないのが理想の包装です。

バラ100gを下回るのは、
タカタの0.5g×120包、0.7g×120包と
日医工の0.5g×140包、0.7g×140包のみです。

この2社は、零細薬局の求めているものがよくわかっています。

ちなみにタカタの0.5g×120包は納入価格で2000円ちょっとでした。(安い!)

 

 

そしてもう一つ重要な要素である・・・
味が・・・・?

 

 

 

img_73349_2

てーれってれ~~って感じで味がおいしい

やっぱりドライシロップはタカタの味付け上手だと思います。
残った粉をちょっとなめただけですが、甘さとすっきりした感じの味が子供でも飲みやすいと感じました。

添付文書の性状でも「白色〜微黄色の微粒又は粉末で、においはなく、味は甘い 」となっています。

プランルカストD.S10%「タカタ」は美味しい???でもう少し詳しく味見しています。

カルボシステインD.S、クラリスロマイシンD.Sで評判の高い、高田製薬だけあります。

モンテルカストOD錠の味もおいしいし、美味しいお薬屋さんということで売っていったら
高田製薬は面白い方向で進んでいきそうな気がします。

 

美味しくない抗生剤を飲むときは、おくすり飲めたねチョコレート味がオススメ

味見ページのまとめ

味見のまとめページを作ってみたのでよかったら見てね~

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。