【薬剤師が味見したみた】ナウゼリンドライシロップ1%ってどんな味?




【薬剤師が味見したみた】ナウゼリンドライシロップ1%ってどんな味?

今日は協和発酵キリンの『ナウゼリンD.S1%』の味見をしたみたいと思います。

この時期になると、胃腸炎などが流行して処方されるケースも多いのではないでしょうか?
特に、気持ち悪い時には飲みやすい味だと助かりますよね〜
ということで、今回はナウゼリンを選んでみました。

ナウゼリンってどんなお薬?

有効成分は『ドンペリドン』という名前です。

6d850191c3b080a8e8ae94b92923778c

日本では1982年に承認されたから約35年に渡って販売されているロングセラーなお薬です。

ナウゼリンが作用するのは大きく分けると以下の2つの場所
抗ドパミン作用を発揮し薬効を発現します。

  1. 上部消化管に対する作用
    ・胃運動促進作用
    ・胃・十二指腸協調運動促進作用
    ・胃排出能の正常化作用
    ・下部食道括約部圧(LESP)の上昇作用 
  2. CTZ(chemoreceptor trigger zone)に対する作用
    第 4 脳室底に位置する CTZ(化学受容器引き金帯)の刺激を介して誘発される
    各種薬物(アポモルフィン、レボドパ、モルヒネ等)による嘔吐を低用量で抑制する。

詳しくはインタビューフォーム(ナウゼリン
P20〜に載っているので興味のある方は読んでみてね。

内服と坐剤が販売されている

剤形は内服だけでなく坐剤もあります。

  • ナウゼリン錠 5・10
    P536 2
    P537 2
  • ナウゼリンOD 錠 5・10
    P647 2
    P648 2
  • ナウゼリンドライシロップ 1%
    P538 2
  • ナウゼリン細粒 1%
     P539 1
  • ナウゼリン坐剤10・30・60
    P540 2
    P541 2
    P542 2

実際に味見したみた

口の中に入れた瞬間に感じたのは『甘味』です。

初めは甘い味のドライシロップは色々あるけれど、味わっていくうちに後味が苦いパターンもあるからなぁ〜と
慎重に味見をするものの、最後まで気になるような苦味はほとんど感じませんでした
〇〇味といった風味はなく、ただ甘い味です

いつものようにインタビューフォームをチェックしていると・・・

Ⅲ.有効成分に関する項目 (インタビューフォームより)
1.物理化学的性質
(1)外観・性状: 白色~微黄色の結晶性の粉末又は粉末である(においはなく、わずかに苦味を呈する)。

成分自体は苦味があるらしい・・・

う〜〜〜ん、でも味見してみると苦味は気にならなかったので
添加物(甘味料)に何か特徴があるのかな?と更に調べてみると・・・

添加物(インタビューフォームより)

  • グリセリン脂肪酸エステル
  • 日局軽質無水ケイ酸
  • シリコーン樹脂
  • ソルビタン脂肪酸エステル
  • 日局白糖
  • 日局ヒドロキシプロピルセルロース 

甘味を感じそうなのは、『日局白糖』ぐらい。
わけわからんけど、まぁ美味しい。

インタビューフォームの中には味に関する記載もあって

Cdce69fcdfe18c04222fc95cfd1d4818

ドライシロップは『甘味』細粒は『無味』となっていますね。

吐き気がある時に風味がついていると、それで気持ち悪くなってしまうケースもありそうなので
風味がなく、お子さんでも飲みやすい甘味がついたドライシロップというのは
製剤としてよくできているのではないでしょうか?

スポンサードリンク


味見ページのまとめ

味見のまとめページを作ってみたのでよかったら見てね~

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。