VALUを買って新しい力を応援!そもそもVALUって何???




VALUって何???

やくちちのブログを読んでいて気になった人もいるかもしれません。
桑原先生に会ってきた」の記事の時に登場したVALUという単語

ちょっとおもしろいシステムなので興味がある人は是非参加してみませんか?というお話です。

桑原先生とがっちり握手!(9月22日@五反田:THE LEGEND)

2017.09.23

Twitterで知った桑原先生に会ってきた

2017.09.22

VALUって何?

VALUというのはVAL(VALUE:価値)+U(You:あなた)の2語をくっつけた造語で
個人を会社に見立てて「自分を株式上場出来る」というイメージのサービスです。

2017年5月31日にVALUのサービスが開始され、7月21日時点では1万2千人がVALUを発行していると言われています。
VALUを発行する本人はVALUを売り出すことで資金調達が可能です。
人によっては「特別なメールマガジン」や「限定イベントへの参加」などの優待を設定している人もいます。

むか~しむかし、やくちち嫁がおりました

もう少しイメージしやすいように「やくちち嫁」に登場してもらいます。

やくちち嫁が得意な絵の才能を活かしてLINEのスタンプを販売したいと考えた。

LINEスタンプを販売して在宅で稼ぐぞ~

しかし、自宅にはやくちちが使うPCはあるものの
絵を描くのに必要なお絵かきソフトや液晶タブレット合計3万円)がありません。

やくちちのお小遣いを減らして費用を捻出しようかな~
やくちち
いや・・・ちょっと待って!
お小遣い減らされるのは困るから、VALUで資金を調達してみては???

そこで、やくちち嫁のVALUを発行・販売して必要な機材を手に入れることになりました。

9月1日から1日1VALUずつ発行、1VALUの価格は1000円で販売
(架空のお話なので発行金額は分かりやすいように設定してあります)

優待は9月末日にVALUを保有してる人※にSNSのアイコンを描いてプレゼントするってのでどうかな?
※(VALUを保有している人をVALUERと呼びます)

やくちち
その優待面白いかも~!

実際にVALUが売れたとすると9月の末には30VALUが売れ
30VALU×1000円=3万円の資金調達!

無事にお絵かきソフトと液晶タブレットを購入し
10月に入ったらSNS用アイコンを描き始めVALUERさんにプレゼントしました。

その後、LINEのスタンプで人気が出てやくちち嫁のVALUの価格も上がり
5000円で取引されるようになり、初期の頃に買った人は
そのまま保有を続けて色々な優待を手にするもよし
他の人に値上がりした価格でVALUを売却してもよしとなりました。

めでたしめでたし

やくちち
架空の話ですが、VALUを上手に使うことで、本人もVALUERさんも幸せになれるサービスなんです。
ちなみにSNSのアイコンを描いてもらうのに ココナラ blankを使っている人もいるかと思いますが
安くて1枚500円、高いと数千円するので、1000円のVALUの優待で描いてもらえるなら結構オトクだと思います。

やくちちが保有しているVALU

やくちちが保有しているVALUは9月時点ではAHEAD MAPの桑原 秀徳先生です。

優待はこんな感じ

【優待】
ひとまず初の優待設定につきテスト的なものですが 【一緒にビール飲みましょう!】
一緒にバーや居酒屋などで飲むことができます。
ビールを飲めるだけおごります(他の飲み物でも可)。
私に会った際に、私のVALUを持っていることをスマホ等で示して下さい。
お互いに時間や場所の都合が合えば一緒に飲みながら語り合いましょう!
有効期間中、私が覚えてる限り1回のみ有効です。
(今後AHEADMAP関連の優待も設定しますのでしばしお待ち下さい)

お陰で9月22日の会ではビール飲み放題となりました♪

VALUの難しいところ

最初の方でVALUは「自分を株式上場出来る」イメージと言いましたが
VALUを発行する上で審査はあるものの、株式を上場する時の審査ほど厳しいものではありません
また、まだサービスが始まったばかりということで、ルール作りにも甘い部分があるのも事実です。

大量のVALUを一気に発行して炎上した人気YouTuberのヒカルさんのようなこともありました。

だからこそ、ある程度信頼出来る人のVALUを購入して長期保有するのがオススメです。

長くなりそうなので今日はここまで~
最後まで読んでいただきありがとうございます。

次回はどうやったらVALUを買えるのか?を書こうと思います。
ただ、時間が無いのでだいぶ先になりそうです。

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。