15年度調剤医療費  9.3%増の7兆8192億円、C肝治療薬使用増で薬剤料が増加




Pocket

15年度調剤医療費  9.3%増の7兆8192億円、C肝治療薬使用増で薬剤料が増加

PHARMACY NEWSBREAKより

やっぱり……という一言しか出てきません。

分かっていたこととはいえ、9.3%の増加ですか、インパクトありますね。

また調剤費の伸びが~って薬局が叩かれるんですね。知ってます。

これだけ毎回ジェネリックの数値目標が引き上げられて、それを超えるように薬局は頑張っているのに

C型肝炎の治療薬で調剤医療費はものすごく上がっているんですね。

さらに人参を目の前にぶら下げて努力させますか?多分、薬剤師は真面目なので頑張っちゃいます。

たま〜に患者さんにも言われますが

高い薬を出しても薬局の利益は殆どないですよ。薬価差益も期待できないです。逆に少しでもお薬が残ったら大赤字です。

むしろ、湿布だけとか点眼一本とかの簡単な処方がたくさん来る方が儲かります。

ハーボニーが発売7か月で2693億円、ソバルディは1503億円の売り上げ。

この2剤だけで調剤医療費の5%ぐらいになりますね。薬剤料でいえば10%弱?

画期的な薬であるのは間違いないんですが、まだまだこれから同じような薬が発売になりそうなんですがどうするんでしょうか?

Pocket



この記事が良かったと思ったシェアお願いします♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。