美容室の利益計算

スポンサーリンク




Pocket

日曜の朝は美容室

月に1回美容室に行ってます。

自宅近くの小さな美容室なので美容師さんが2人と、アシスタントが2人です。

ついつい、利益計算して過ごしてます。

カット&ジャンプだと税込み2808円。

(大凡35〜45分)

美容師さん一人あたり1時間で1.5人くらいカットできるのでカットの収入だけだと4212円。

2人で8424円/1時間

美容師さん達の時給はわからないですが、美容師さんが1500円、アシスタントさんが1000円だと仮定して、

1時間で1500円✕2人+1000円✕2人=5000円の人件費。

お客さんが途切れなく来て1時間3000円の利益。

しかも、これに水道光熱費、家賃、椅子やシャンプー台などのリース(ローン?)がかかるからさらに厳しいんだろうな。

もちろん、単価を上げるために、パーマやカラーリングをしたり、ワックスやシャンプーの販売を行うのも大切ですし

カットの技術、速度を上げてこなせるお客さんを増やしたり…途切れなくお客さんを入れるマネジメントも必要。

リピーターを増やすために話術も必要です。

凄く技術が必要なのに、給与が安い。

そう思うと薬剤師は恵まれてるなぁ。

患者さん1人の利益(粗利)は1800円ぐらいあるし、簡単な処方なら1人あたり5分くらいで、受け付けから投薬までできる。

ただし、薬剤師の給与は高い!

Pocket

スポンサーリンク



この記事が良かったと思ったシェアお願いします♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。