エピペン注射液0.3mg自主回収ロットを追加。今回はPS00025A(使用期限:2017年10月末日)

スポンサーリンク




Pocket

週の始まり月曜日!今日から本格的に新年度って感じですね。
職場の近くの桜も咲いていて、朝から心癒されました。

エピペン®注射液0.3㎎ 自主回収の対象ロット追加(ファイザー)

エピペン®注射液0.3㎎ 自主回収の対象ロット追加のお知らせ

既に3月13日から1ロットの自主回収をしているファイザーですが、
4月3日付でエピペン注射液0.3mg:PS00025Aも自主回収することを発表しました。
今回回収のロットで実際不具合は起こっていないけれど、念のために回収のようです。

ヤーズフレックス配合錠の発売は4月21日

子宮内膜症に伴う疼痛月経困難症治療剤ヤーズフレックス配合錠
日本では初の連続投与の認められた超低用量LEP製剤ということで
レディースクリニック・婦人科の先生は発売が待ち遠しいのではないでしょうか?

発売は4月21日の金曜日なのでもうしばらくお待ちください。

初のシャンプー様外用剤登場か!?

外用頭部乾癬治療剤「コムクロ®シャンプー0.05%」製造販売承認取得のお知らせ(マルホ)

マルホ株式会社が頭部の尋常性乾癬治療剤としてコムクロシャンプー0.05%の製造販売承認を取得したそうです。

成分はクロベタゾールプロピオン酸エステルということでデルモベートと同じ
濃度も0.05%なので、デルモベートスカルプローションと同じ濃度ですね。

処方箋医薬品になれば初のシャンプー様外用剤になるのでは!?

添付文書によると

包装はボトル125mLのみ。
用法用量

通常、1日1回、乾燥した頭部に患部を中心に適量を塗布し、
約15分後に水又は湯で泡立て、洗い流す

となっています。
15分後に泡立てて洗い流すのか~待つのが面倒そうなのと、目に入っても大丈夫なのかな?そこは気になる。

海外でのパッケージはこんな感じ(海外ではEtrivexという名前で販売しています)

コージネイトRFSバイオセット注自主回収

コージネイトRFSバイオセット注250/500/1000/2000自主回収に関するお知らせとお詫び

採用している医療機関はロットを要確認です。

アルコンファーマ2017年4月1日スタートです!

日本アルコンの医薬品事業本部とノバルティス ファーマの眼科領域事業部が統合し
4月よりアルコン ファーマとして業務を開始しました。

アルコンの容器って特徴的な形をしているから、商品名を見ただけでイメージが沸きますよね。
ノバルティスとしても眼科領域は専門ではないでしょうから、外部に放出するのも分かります。

ノバルティスのMRさんから点眼についての情報提供を受けたこともないですし
アルコンのMRさんに会ったこともないので、今後アルコンファーマのMRさんが薬局にも来てくれるといいなと願っています。

パキシル錠の包装変更&一部箱が大きくなるよ

100錠包装の箱は同じだけど、その他の包装の箱は若干大きくなる
特に10mg・20mgの140錠包装長さが130mm→160mmと3cmも長くなる
うちは採用になっていないのですが、これ調剤棚の下の引き出しに入らなくなると思う。

大きい包装(特に140錠包装)を採用している薬局は要注意です。

ベルギー Ogeda社買収に関する契約締結(アステラス製薬)

ベルギー Ogeda社買収に関する契約締結

アステラス製薬がOgeda社を買収することに合意したそうです。
Ogeda社はベルギーに本社のある会社でGタンパク質共役受容体に関する化学物質を所有しています。

fezolinetantという成分(選択的NK3受容体拮抗薬)が一番臨床試験で進んでいるようで
更年期に伴う血管運動神経症状に苦しむ患者さんを対象とした
非ホルモン治療に関する前期第II相試験において良好な結果が得られているそうです。

アステラス製薬はOgeda社の株主に対し、買収完了時に、同社の全株式の対価として
契約一時金5億ユーロ(約600億円)を支払い、更に、fezolinetantの開発の進捗に応じて、
最大で総額3億ユーロ(約350億円)を支払う可能性があるそうです。

Pocket

スポンサーリンク



この記事が良かったと思ったシェアお願いします♪

3 件のコメント

  • お疲れのようですね…
    重箱の隅をつつきます。
    子宮内膜に伴う疼痛、月経困難症治療剤のヤーズフレックス配合錠
        ↑
        症
    処方箋医薬品になれば初のシャンプ様外用剤になるのでは!?
                    ↑
                    ー
    コムクロ インタビューフォーム
    って検索するとgoogle様は
    もしかして: コブクロ インタビューフォーム
    と のたまいます…

    • m(_ _)mありがとうございます!早速訂正しました。お疲れなのを見抜かれ若干恥ずかしい朝です(汗)
      コムクロはちょっと面白そうなお薬ですね。
      マルホさんのホームページにはもう添付文書とインタビューフォームが用意されているので、私も後で目を通さねば〜

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。