水物を扱うと儲かる?




私はつい最近聞いたのですが、水物(みずもの)の医薬品を扱う会社は儲かるという話があるそうです。

最初はシロップ???って思ったのですが、点滴などの輸液のことだそうで

特に高薬価でもないですが、これってメーカーの利益率が高いんですかね?

 

確かに、大塚製薬は生理食塩水とか注射用水で大きなシェアを持っていると思われますが

どうなんでしょうかね???

ジェネリックや他メーカーが参入しにくいとかある???

 

OS-1やオロナミンC・ポカリスエットを販売しているのが大塚製薬って辺りが

「元気になろう!!」っていうメッセージを感じて非常にいいですよね。

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。