美白を求めて?肝斑に効く?




Pocket

肝斑(かんぱん)、一度は聞いたことがあるかもしれません。むしろ気になっているけれどどうにもならないと諦めている方も多いかと思います。
詳しい原因は現在のところわかっていないのですが、顔のうち紫外線によくあたる両頬やおでこ、下顎、鼻の下に左右対称にシミが現れることから紫外線の影響や、
男性には発症しなかったり、3~40代の女性に多いこと、妊娠の経験や経口避妊薬の服用の有無でも違いがあることから女性ホルモンの減少・ホルモンバランスの乱れ
影響しているのでは?と推測はされています。
また、ストレスが多いと発症しやすいという報告もあります。
肝斑(かんぱん)シンプルチェック10項目(第一三共ヘルスケアHPより)
1.30〜40歳代にシミが突然できた。
2.シミがほほ骨に沿って、 または目尻の下あたりに左右対称にある。
3.シミの形は円形ではなくもやっと広がっている。
4.季節によって濃さが変わる。
5.シミが目のフチを避けて出ている。
6.妊娠したことがある、または経口避妊薬を服用している。
7.紫外線対策やビタミン補給ではなかなか効果がみられない。
8.フェイスマッサージをしっかりやるほう。
9.日常、強いストレスを感じている。
10.レーザー治療で逆に悪化したことがある。
チェックの数が多いほど、
あなたは肝斑(かんぱん)の可能性が高いと思われます
鏡で日々お肌を観察するのはもちろんのこと、時々、このシンプルチェックで確認してみましょう。
どうですか?
年齢のせいかな?って思っていたけれど実は肝斑だったというケースも多いのです。
まずは、皮膚科を受診して診断を受けてもらいたいのですが、そこで処方されるのが今回のお薬
トランシーノ処方(勝手に名前をつけました)
肝斑のお薬に第一三共ヘルスケアのトランシーノⅱというのがあります。
成分は以下のとおりです
 成分:分量(1日分)
 トラネキサム酸 :750mg
 L-システイン :240mg
 アスコルビン酸(ビタミンC) :300mg
 ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6): 6mg
 パントテン酸カルシウム :24mg
トランシーノⅱは1日2回、1回に2錠服用することで1~2ヶ月で肝斑に効果があると言われています。
1ヶ月でおよそ3000円。まずまずの値段です。
肝斑に一番作用しているのは複数ある成分の中でも一番上のトラネキサム酸だと思われます。
実はトランサミンというお薬の成分で、風邪の時に喉の炎症や腫れを抑えるお薬としてよく処方されます。
トランシーノ処方は薬局で勤務していると皮膚科の処方箋でよく見る処方なんです。(若干違いはありますが・・・)
女性が院長をしている皮膚科では本当によく見かけます。
 商品名:トランサミンカプセル(錠):成分トラネキサム酸
 商品名:ハイチオール錠:成分Lーシステイン
 商品名:シナール配合錠:成分アスコルビン酸・パントテン酸カルシウム
肝斑というよりも美白にいいからという理由で薬局の女性スタッフ・近くのクリニックの女性スタッフ(どちらも30代)が愛用しています。
2ヶ月分・3ヶ月分の長期で処方してもらうことが可能ならばトランシーノを買うより安くなりそうな・・・・・・
困ったときは皮膚科を受診し相談してみましょう。
多分、同窓会でこんな話をしたら、みなさん食いついてくれるだろうな~
Pocket



この記事が良かったと思ったシェアお願いします♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。