すこやか茶 特定保健用食品

スポンサーリンク




Pocket

先日、薬局の勉強会でもらったすこやか茶。

特定保健用食品と呼ばれる品目で消費者庁長官の許可を受けており、保健の効果(許可表示内容)を表示することのできる食品です。
効果を表示できるのって法的な縛りがあって非常に難しいんです。

最近はだいぶ増えましたが、人が伸びをしているようなマークがついています。
img_55149a081d607.png
大学の定期試験でも正しい図柄を選べっていう試験がありました(笑)

このすこやか茶については食物繊維・難消化性デキストリンの働きにより、脂肪の吸収を抑えると同時に、糖の吸収をおだやかにする2つの働きがあります。
糖と脂肪って気になりますよね!30代になると暴飲暴食が体に出てくるんですよね・・・。本当に怖いです。

さて、トクホのイメージとしては

食品<特定保健用食品<医薬品 と思ってもらえるといいと思います。

効果は人によりけりですが、意外と重要なのは味。

やはり続けて飲むことで効果が出てくるので、あまりに不味いものは続けるのも苦痛ですよね?継続は力なり!

 

この、すこやか茶の原材料を見てみると ほうじ茶・烏龍茶・紅茶となっています。

飲んだ感じは烏龍茶かな?って思うくらいですごく飲みやすいです。

値段は350mLで150~160円ぐらいと普通のお茶と比べるとちょっと高め。

でもでも、健康が気になる人は飲んでみてはいかがでしょうか?

うちの母親もちゃっかり買って飲んでいました(笑)

Pocket

スポンサーリンク



この記事が良かったと思ったシェアお願いします♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。