憩室炎入院生活まとめ1【入院3日前~入院当日午前】概要




Pocket

憩室炎入院生活まとめ1【入院3日前~入院当日午前】

2016年9月17日に結腸憩室炎(けいしつえん)で入院しましたが、その痛み等の様子をまとめてみました。

そもそも憩室炎とは何か?という話になりますが、詳しくは専門のサイトをみてもらうと分かりやすいと思います。

79cbbc1a3a98bc639c95582f5ee4b2a5.gif

簡単に説明すると腸のところに、憩室(けいしつ)と呼ばれる部屋のようなものができてしまいます

この、憩室ができる原因としてよく言われるのは以下の通りです。

  • 加齢(40歳以上だとできやすい)
  • 便秘症(腹部に力を入れて便を出そうとすると、腸内の圧力が高くなって憩室ができやすくなる)
  • 食物繊維が足りない
  • 過労・ストレス

この、憩室に便が溜まって、最近の感染を起こすことで痛みがでるのが憩室炎なのです。

ただ、よくわからないのは、私は憩室ができやすい項目にあまり該当しないんですよね。

年齢は30代だし、便秘でもない、食物繊維は毎日たくさん摂っているし・・

過労とストレスはあるな~って程度。

 

さて、肝心の経過ですが・・・

日 付 曜日

痛みの様子等

9月14日 入院前3日 夜、左腹部に違和感があり。
特に痛みとかではないけれど、どうしたんだろうな?って程度
9月15日 入院前2日 朝から左腹部が痛い。変なもの食べたかな?って思った
整腸剤(ミヤBM)を飲む。 普通に仕事。
時間とともに痛みが強くなる。 整腸剤の効果もなし
何か嫌な予感だな~
9月16日 入院前1日 朝から痛みが強い。 でも、他に薬剤師さんがいないので休めない
ミヤBMに加えて、ブスコパン、ストロカイン、
ツムラ100を飲んでみる。 全然効かない。
体の中でかなりやばい状態になっているんだと実感。
夕方ぐらいからは体の痛みと熱(37.7度)がでて更に辛い。
歩くだけで、腹部に痛みが響いてたまらない。
翌日、パートさんに一部任せて早退を決意。
痛みがつらすぎて眠れない。体をどっちに向けても痛い。
4時間ぐらいひたすら汗かきながら悶絶。
安定剤を多めに飲んで、ロキソニンを飲んだら
痛みがちょっと楽になって眠れた。
腹痛なのに、ロキソニンが効く時点でおかしい・・・
9月17日 入院当日
午前
午前は仕事。とりあえず、痛みは相変わらずだけど、受診予定なので薬はOff
携帯に一通りの痛みの様子や熱の様子など細かく打ち出しておきました。
12時に早退させてもらって職場近くの内科を受診(消化器が専門の先生)
血液検査と腹部レントゲンを撮影。触診されたけど、
押されると痛すぎて死にそうになる。
でも、反応が薄いのか、先生はグイグイ押す。
血液検査の結果、CRP21もあって憩室炎、
場合によっては腹膜炎を起こしている可能性が高い。
かなりの重症らしく外来で対応はできないっていうか、
大学病院とか行って、CT撮って入院になるだろうって言われる。
憩室炎か~。病名がある程度わかったことで逆に安心。
大学病院を緊急受診することになりました。

痛みを感じ始めてから24時間で強い痛みになって、さらにそこから24時間経過で

我慢するのが辛いほどの痛みになった感じです。

もっと早い段階で判明していれば入院ではなく外来での治療も可能だったのかもしれませんが、流石に休めないって人も多いですよね。

夜眠れないほどの痛みがあるようでしたら早めの受診をおすすめします。

Pocket



この記事が良かったと思ったシェアお願いします♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。