【2018年6月発売】トラバタンズ点眼液のジェネリックが発売になりました!




【2018年6月発売】トラバタンズ点眼液のジェネリックが発売になりました!

6月は半年に一度のジェネリック医薬品の収載の時期ですね。
2018年6月は15日(金)に収載・発売となりました。
(告示は14日)

眼科の処方箋をよく受けるということで、トラバタンズ点眼液のジェネリック医薬品
トラボプロスト点眼液』 についてチェックしていきたいと思います。

やくちち
他の緑内障の後発品の記事と途中まではそっくりですがご了承ください

先発品はノバルティスファーマ(アルコン)の『トラバタンズ点眼液』

先発品はノバルティスの『トラバタンズ点眼液』で
2018年4月時点での先発品の薬価は963.1円/mL

Ph trz 01

6月に発売になるジェネリック医薬品は先発品の半額以下の391.0円/mLとなりました。
後発品は1社しか収載されていませんが、新薬創出加算の関係か(?)先発品の40.5%の薬価になっています。

やくちち
緑内障の点眼はどれも薬価が高いですよね〜
患者さんの負担金が安くなるのであれば後発品という選択肢があるのは助かります
 

発売予定はわずか1社!

発売を予定しているのはわずか1社です。

  • トラボプロスト点眼液0.004%「ニットー」
    製造販売元/東亜薬品株式会社
    発売元/日東メディック株式会社
    Medicine 90 90 5b03bef533f68 1

2018年6月収載の新規の緑内障点眼薬(GE)は3種類(トラバタンズ・エイゾプト・コソプト)ですが
日東メディックさんは3品目とも発売予定です。

後発品はここが素晴らしい

後発品の素晴らしいポイントを紹介します

他の2つの製品は先発品が10本包装で、後発品は5本包装があって
在庫の調整・在庫金額の圧縮に役立ちそうでしたが、トラバタンズに関しては
先発品も後発品もどちらも5本入りの包装になっています。

先発品は963.1円/mL×2.5mL×5本=12038.75
後発品は391.0円mL×2.5mL×5本=4887.5円 

計算してみると薬価がかなり安くなっているので、包装薬価も低く抑えられそうですね〜

では、薬価が安いだけか?というと・・・そうではありません。 

DSC 9873

添付文書の貯法に注目!

36520096f081590ab8806a34c5665c2d

拡大したのが↓

スポンサードリンク


D597502b79f4abc58ba3b7f8374fd8ac

室温保存OKだそうです。

キサラタンのように、先発品は冷所での保管で
後発品(の一部)が室温保存OKというパターンですね。

新しい糖尿病治療薬の注射が発売されるたびに冷蔵庫のスペースが圧迫される
後発品が室温保存可能なのは非常に助かります。

箱は先発品のトラバタンズに近い形の箱です。

やくちち
できれば、小さい箱だと仕舞う場所に困らなくて良いのですが・・・

ボトルのデザインも先発品に似ている?

コソプトとエイゾプトの後発品は個人的に微妙なカラーリングでしたが
トラボプロストに関しては、先発品と似た薄紫色のキャップで雰囲気が似ていると思います。

Medicine 90 90 5b03bef533f68 1

点眼薬は多くの薬局で処方頻度・数量が少なく
後発率にはそれほど影響しない品目ですが・・・

皆さんの薬局ではトラバタンズ点眼の後発品を採用しますか???

2018年6月 収載予定の緑内障点眼薬

【2018年6月発売】エイゾプトのジェネリックはどのメーカーのを採用すべき!?

2018.06.14

【2018年6月発売】コソプトのジェネリックはどのメーカーのを採用すべき!?

2018.06.14

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。