看護師がインスリン過剰投与=10倍量、80代女性死亡




看護師は専用の注射器を使用せず、投与前の複数人での確認も怠った上、女性の血糖値を測らずに架空の数値を2回にわたりカルテに記載していた。

看護師は「初めてやると知られたくなかった。1人でもできると思った」と話しているという。

いやいや……ありえん。

10倍投与で患者さん死亡。

あってはならん。他の看護師さんは忙しくて気が付かなかったのかな?

先日まで入院してましたが、インスリンは必ず看護師二人で患者名、品名と単位数を確認した上で投与してましたよ(隣のベッドの人が使っていた)

血糖値も多い日は1日6回測ってたし、食前には必ず測っていました。

インスリンは確実に血糖値を下げるお薬だけあって、投与量を間違えれば命に関わることです。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥では済みません。というか、知らないのなんて恥ではない。

勉強不足ではあるけれど、今まで経験がなかっただけで、薬局でも見慣れないものが出たらメーカーや卸にどんどん聞いちゃいます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160923-00000143-jij-soci

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

薬局に勤める平凡な薬剤師です。 大学を卒業してから12年間、町の調剤薬局で日々患者さんと触れ合ってきました。 コミュニケーションがうまく取れず怒られることも多かったですが、 最近では「感じがいいからこっちに来た」という有り難いお言葉を頂くまでに成長。 日々、地域の方の健康のお助けをしています。 そして2歳と1歳の父でもあります。